美肌になるために化粧水や美容液で必要な保湿成分を確認しよう

美肌になるための知識

美容液

ビタミンc誘導体の種類

化粧品でよく見かける美容成分の1つがビタミンc誘導体です。ビタミンc誘導体は3つの種類に分けることができるのです。高い抗酸化力があるのでアンチエイジングや美白に効果が期待できるでしょう。

READ MORE
婦人

手軽な化粧

化粧に使う時間を短縮したいというときに便利なものがオールインワン化粧品です。メディプラスゲルのようにたくさんの美容成分が含まれているオールインワン化粧品もあります。時間の短縮だけではなく、肌への負担も軽減できるでしょう。

READ MORE
女性

化粧水で保湿する

化粧水や美容液、その他の化粧品にはよく保湿成分が含まれています。肌の保湿をすることが潤いや肌のバリア機能を守ることになるでしょう。肌のバリア機能を持つ角質層はセラミドが含まれています。それも化粧品で補いましょう。

READ MORE
化粧水を使う人

アトピーと成分

アトピーや敏感肌の場合は刺激の少ない成分を選ぶことと、保湿をしっかり行うことが大切になるでしょう。界面活性剤や香料、アルコールは肌への刺激や乾燥を招くことがあります。どんな成分を避けたほうが良いのか確認してみましょう。

READ MORE

美しい肌のためにできること

透明感のある肌やトラブルのない肌に憧れるという人は少なくないでしょう。そういった肌を目指すためには日頃からのケアが大切になります。紫外線対策として日焼け止めを使うというのもケアの1つでしょう。また、効果的な成分が含まれている基礎化粧品を使用することも肌のためには大切なことです。

肌のためになる成分はコレだ!

no.1

ビタミンc誘導体

シミやくすみ、美白やニキビなどいろいろな肌トラブルの改善によく使われる美容成分の代表が、このビタミンc誘導体です。普通のビタミンcよりも肌に浸透しやすく、抗酸化作用が高いため肌の生まれ変わりにはかかせないでしょう。

no.2

コラーゲン

肌の基礎部分を作っているコラーゲンもよく化粧品に含まれる成分です。保湿成分としても知られるコラーゲンは肌のハリには欠かせないものです。その分子の大きさによって浸透力が変わってくるので低分子なのか高分子なのかを意識しましょう。

no.3

ヒアルロン酸

高い保湿力を持ち、多くの化粧品で使われている成分といえばヒアルロン酸でしょう。ジェル状であるヒアルロン酸は、水分をたっぷりと維持することができる成分です。そのため、肌に弾力や潤いを与えることができます。

no.4

セラミド

セラミドは肌の保湿力だけでなく、バリア機能とも関係のある成分です。このセラミドが不足してしまうと肌の潤いだけでなくバリア機能が低下して乾燥肌やアトピーになってしまう可能性もあります。セラミドにはいくつかの種類があるので、目的に応じて選ぶといいでしょう。

no.5

エラスチン

弾力のあるエラスチンは、コラーゲンと一緒に肌の弾力を守っている成分です。真皮の伸縮性を高めるので、しわやたるみの改善に効果が期待できるでしょう。保湿力も高く、コラーゲンやヒアルロン酸と一緒に肌を支えています。

肌と美容成分

スキンケア

化粧品で肌の成分を補う

綺麗な肌を作るためには、肌に必要な成分を補ってあげることが大切です。食品から体内へ成分を補うことはもちろん、化粧水や美容液、乳液などの化粧品を用いて肌の表面から浸透させるという方法もあります。保湿力や弾力、抗酸化力など、成分によって働きが違うのでそこを確認して選びましょう。

より手軽な化粧品でケアを続ける

ビタミンc誘導体やセラミド、コラーゲンのように多くの美容成分を含んでいる化粧品はたくさんあります。そういった化粧品の効果を実感するためには、使い続けるということが大切です。毎日のケアで化粧水や美容液、クリームや乳液などいろいろな化粧品を使うことになるでしょう。使い分けることが面倒で続かないという人は、メディプラスゲルのようなオールインワン化粧品を使ってみるといいでしょう。

新着情報

[PR]

広告募集中