高い抗酸化力のあるビタミンc誘導体の種類を知ろう

ビタミンc誘導体の種類

美白化粧品やニキビ予防の化粧品によく配合されているのがビタミンc誘導体です。このビタミンc誘導体には大きく分けて3つの種類があるのです。水溶性と脂溶性、そしてその2つの性質を併せ持つ新型APPSというものに分けることができるでしょう。

ビタミンc誘導体の種類を知ろう!

リン酸アスコルビルMg

これは水溶性のビタミンc誘導体です。安全性が高くて、アレルギーの心配が低いという特徴があるため、ビタミンc誘導体の定番として広く使われています。酵素との相性がよく、水溶性のなかでは効果が高いといわれています。

リン酸アスコルビルNa

こちらも水溶性のもので、マグネシウムではなくナトリウムと結合したものです。マグネシウムのものより効果が薄くなりますが、水に溶かしやすく濃度を調節することができます。医薬品に使用されることも多いですが、ピリピリした使用感はやや強くなります。

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

新型の脂溶性ビタミンc誘導体で、水溶性のものよりも肌からの吸収率が高いものになります。刺激も少なく、長い時間をかけて吸収されていくでしょう。ニキビケアの化粧品やクリーム、ジェルに使われることが多いでしょう。

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na

水溶性と脂溶性2つの性質を持つもので、APPSと略されることもあります。両方の欠点を補うというだけでなく、浸透力が約100倍もあるという特徴を持っています。安全で持続力も高いのですが、壊れやすいようなので覚えておきましょう。

ビタミンc誘導体の種類

美容液

ビタミンc誘導体とはどのようなものか

化粧品によく使われるビタミンc誘導体は、普通のビタミンcとどのような部分が違っているのでしょうか。まずはビタミンcの働きから確認しましょう。ビタミンcには高い抗酸化力があることが知られています。抗酸化力というのは、細胞を傷つけてしまう活性酸素を除去する力のことで、その働きによって細胞本来の働きが活発になるのです。

ビタミンcは壊れやすい!

高い抗酸化力のあるビタミンcを吸収することで、肌の生まれ変わりがよりスムーズに行えるようになるでしょう。そして、肌が生まれ変わることでシミやくすみ、ニキビなどのトラブルも改善しやすくなるのです。しかし、ビタミンcは空気に触れるとすぐに酸化して壊れてしまうため、肌に塗っても奥まで浸透しません。それを改善したものがビタミンc誘導体なのです。

ビタミンcを安定させる

空気に触れると壊れてしまうビタミンcに、アスコルビン酸やマグネシウム、ナトリウムなどをくっつけて安定させたものがビタミンc誘導体です。壊れにくくなったビタミンc誘導体は肌に浸透し、その後、酵素の働きを借りてゆっくりと元のビタミンcに戻るのです。

ビタミンc誘導体の効果

ビタミンc誘導体を含んでいる化粧品はいろいろな肌トラブルの改善に効果が期待できるでしょう。その高い抗酸化力によって美白を促したり、ニキビやニキビ跡を改善へと導くこともできます。また、シミや色素沈着を薄くすることや、アンチエイジングも期待できるのです。

広告募集中